バイナリーオプションのファンダメンタル分析

テクニカルもファンダメンタルも無料で使えます!

ファンダメンタル分析において、過去の情報も重要です

過去情報分析

バイナリオプションでのファンダメンタル分析では、
国や地位、その経済状況を知ることで、
為替の変動を予測することができます。

 

その中でも大切なのが、その国の経済指標と要人の発言と金融政策などで、
毎日のニュースを知ることが、分析する上でのポイントになります。

 

毎日のニュースの中では、各国の経済の問題、
首相や大統領、閣僚といった要人の発言や、
その国の金融政策等が報じられますが、
それらを参考に、為替の動向を予想するのです。

 

ところが、それらは発表される前から、影響を及ぼすこともあります。
経済指標などは、発表前に予想値が報道されることもありますが、
それに沿って、数値が流れることもあります。

 

米雇用統計などは良い例で、
予想された数値と、実際に発表になる数値が
掛離れていることが多々あります。
この時などは、予想と発表のギャップを利用することで、
上手く利用することで、勝率を上げることができます。

 

 

しかし、今現在の情報も大切ですが、
過去にどのような経済指標が発表になったかとか、
どのような要人の発言があったか、
また、どのような金融政策がとられたかを知り、
その時に、どんな値動きをしたかという、
過去の動向を理解していることが大切です。
センター

 

例えば、ギリシャショックの時
ギリシャの金融不安から、ギリシャでの通貨のユーロ安が起こりました。
その影響を受けると予想された米ドルも下がり、
あれほど不景気にあえぐ日本円が上がり、
日本は大変な円高になったのは、記憶に新しいところですが、
このような状況になった時に、ユーロ、米ドル、日本円が
どのように推移したのかを、しっかりと記憶しておき、
同じような状況になった時の参考にするのです。

 

このようにして過去の例に照らし合わせ、
今後の動向を予測するのがファンダメンタル分析では重要なのです、

 

いくら今の状況を把握していても、
これまでの動きを理解していなければ、
予想の精度を上げることは難しいのです。