ファンダメンタル分析の重要なポイントは金融政策

テクニカルもファンダメンタルも無料で使えます!

バイナリーオプションのファンダメンタル分析の重要なポイントは金融政策

アリゾナ

バイナリーオプションのファンダメンタル分析において、
要人発言は大きな、影響力がありますが、
その中でも、各国の金融政策に関しては、
必ず押さえておきたいポイントです。

 

 

金融政策とは、中央銀行が金融面から行う経済政策のことで、
貨幣の供給量や利子率変更を変更することで、
その目標は、物価の安定、雇用の安定と経済成長の維持、
国際収支の均衡や外国為替相場の安定などがあります。
そしてその第一に優先する目標が物価の安定です。
ドッグ
日本では金融政策を決める金融委員会は、
月に1回~2回開催され、金融政策決定会合と呼ばれています。
そしてその結果として、為替レートなどが上げられます。

 

その他に、アメリカのFOMC(連邦公開市場委員会)は
最も注目されていて、
決定はFRB(米連邦準備制度理事会)で行われます。

 

また、ユーロ圏ではECB(欧州中央銀行)理事会で決定されます。

 

そして、各国の金利政策には注目が集まります。
基本的には金利の高い国へ、金利の低い国から資金が流れます。
しかし、だからと言って金利政策だけを見るのではなく、
経済動向とも、密接に関係しているので、
合わせて注意をする必要があります。

 

 

例えば2012年7月の金融市場。
スペイン情勢などの欧州危機を巡って緊張感の高い状況が継続しました。
それにより、ユーロは大きく下落して、
9年ぶりの長期金利は低水準を記録したのです。

 

そして、欧州債務危機や世界経済の減速感はしばらく続くと予想されて、
当面の金融市場はリスク回避姿勢の強い状況が続きました。

 

このように金融政策は、
金融市場にとって大変重要な要素を持っているのです。

 

だから、各国の金融政策には十分注意して、
金融市場の動きを予想する日注用があるのです。