ファンダメンタル分析経済指標

テクニカルもファンダメンタルも無料で使えます!

バイナリーオプションで重要なファンダメンタル分析の経済指標

オバマ

バイナリーオプションにおいて、ファンダメンタル分析で必要な経済指標。
経済指標とは、各国の経済状況を数値化したもので、
GDPや物価上昇率などが、その主なものとして取り上げられます。

 

なんだか難しそうに感じますが、
それは、日々のんビューすの中に隠されていて、
有名なところでは、米国雇用統計(非農業部門雇用者数と失業率他10項目)で
米ドルが気塾通貨であるところから、注目が集まります。
米国雇用統計は毎月発表になり、
統計調査の対象が幅広い事と、発表時期が早い事が特徴です。

 

発表は、第一金曜日で、場合によっては第二金曜日になることもあります。
発表時間は、日本時間の午後9:30ですが、
米国が冬時間の期間中(11月~3月)は、
日本時間の午後10:30になります。

 

ここで米国雇用統計が悪化したと発表になれば、
米ドルは売りが優勢になり、ドル安方向へと動きます。
逆に、米国雇用統計が良ければ、米国の先行きはよいと判断され、
米ドルの買いが優勢になり、ドル高方向へ動きます。
リサーチ

 

もうお分かりだと思いますが、
バイナリーオプションでは、相場が上がるか下がるかの二者択一です。
FXのように、どのくらい変動したかは関係なく、
あくまでも、上がるか下がるかの予想だけなので、
簡単に予想できることが分かると思います。

 

確実なところで勝率を上げるチャンスです。
後は、この傾向がいつまで続くかを予想できれば、
より一層、勝率を上げることができるのですが、
その為は、この前に予想が発表になる事を利用します。

 

米国雇用統計が発表される前に、その予想が発表になります。
その時にも、為替相場が大きく動くことがあります。

 

そして予想通りの発表がされれば、そのまま為替の動向は続きますし、
予想が外れた場合や、予想よりも状況の変化が少ない時には、
逆に動くこともあるので、
その時を狙って、取引をする方法もあります。

 

予想通りの発表なら、その先もしばらくは予想通りの方向へ動きますので、
仮に悪化していて米ドルの売りが優勢ならば、
その状況がしばらく続くことになります。

 

予想と反していたり、予想よりも変化が少なければ、
仮に悪化していると予想が発表になったものの、
実際は米国雇用統計が良くなったと発表になれば、
それまでとは逆の方向へ動くので、今度は逆方向へ投資します。

 

FXと違い、少しでも上がるか下がるかの要素がある場合は、
利益を得られるチャンスです。
それを知らせてくれるのが、ファンダメンタルなのです。