テクニカル分析デメリット

テクニカルもファンダメンタルも無料で使えます!

テクニカル分析のデメリット

supertax

テクニカル分析にメリットはありますが、
やはりデメリットも見逃すわけにはいきません。

 

 

投資には絶対はありません。

 

 

それはいつ何時、どういったことが起こるのか分からないからです。

 

だからと言って、いつでも何かが起こるわけではありません。

 

そこを踏まえておけば、テクニカル分析の良さがわかるはずです。

 

 

祈り
あくまで移動平均線の性質は、
トレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかという
トレンドの方向性を掴むためのツールです。

 

 

ですから、移動平均線を見ただけで予想をするということは、
極めて危険な事です。

 

 

 

あくまでも、トレンドが上昇なのか下降なのかを移動平均線で把握したら、
あとは別のツールを使って予想を立てるようにする必要があります。

 

 

そのツールとはローソク足であったり、フィボナッチ・リトレースメントで、
必ず、別のツールとの組み合わせで、予想することが大切です。

 

 

 

 

また何度も言うようですが、
移動平均線はあくまでもトレンドの方向性を掴むためのツールです。

 

なので突発的な出来事があった場合の
為替相場の乱高下には移動平均線だけでは対応できません。

 

 

そして、その突然の乱高下が、
統計学的に正常なことなのか、異常なことなのかも、
移動平均線では把握することができないので注意が必要です。

 

 

だからテクニカル分析を利用してバイナリーオプションを行うにしても
いくら移動平均線が有効であると言っても、
移動平均線のみに頼って予想することはできません。

 

 

言いかえれば、テクニカル分析においては、
必ずいくつかのツールを組み合わせて予想を立てる必要があるのです。

 

 

その為には、いろんなツールを手に入れて、
それを把握する必要性があるのですが、

 

ひとつひとつは、それほど難しいものではないので、

 

たくさんのツールを使ってテクニカル分析をすることで勝率を上げることが、
バイナリーオプションで利益を得るための近道と言えるでしょう