ファンダメンタル分析で重要な要人発言

テクニカルもファンダメンタルも無料で使えます!

バイナリーオプションのファンダメンタル分析で重要な要人発言

アメリカ大統領

バイナリーオプションのファンダメンタル分析では、
要人発言も重要な鍵を握っています。

 

その内容によっては、為替相場を大きく変動させる可能性があるからです。

 

では一体、要人とはどんな人を指すのでしょう?

 

 

例えば日本では、
内閣総理大臣や日本銀行の総裁や副総裁
その他に、財務大臣や財務長官など、
国の予算や税制、財政政策などを管轄する経済官僚や、
財務官など、為替介入を実行する財務官僚などです。

 

米ドル圏では、米国大統領、連邦銀行総裁や財務長官、米連邦準備制度理事会など。

 

ユーロ圏では、加盟国の大統領や首相、加盟国の中央銀行総裁
欧州中央銀行などを指します。

 

 

ギリシャショックにおいては、ドイツやフランスの支援策が発表になった時や、
ギリシャがその支援策にどう反応するのかなどが話題になりましたが、
その時にユーロが上がったり下がったりしたことは
記憶に新しいと思います。

 

また日本では、円高が続き、安住財務大臣から為替介入が発表になり
一時円高が止まったが、その後すぐに円高になったことも、
記憶にあると思います。
シンガポール

 

このように、要人発言があると、為替に動きがあるのは事実で、
この発言を聞き逃さないことが、ファンダメンタル分析には必要です。

 

その為には、毎日のニュースは、積極的に取り入れる必要があります。
バイナリーオプションを行う際には、
それまでのニュースもチェックして、
為替の動きを知ってから、予想を立てるべきです。

 

また、要人発言は日時が決まっているものも多く、
そのスケジュールは、各証券会社のページに載っていますので、
事前にチェックしておいて、
ファンダメンタル分析の材料にできるようしておくことが大切です。

 

この時に、過去のデータを情報として入れておくことも
忘れないようにしてください。